人間以外にもダイエット

最近は、人間以外にも肥満になってダイエットが必要になっているものにペットがいます。

核家族が増え、ペットを飼う人が流行っていますが、ペットフードやおやつを与えすぎていつの間にか肥満になり、ダイエットをしなければならない羽目になっているようです。

ペットも肥満になると、寿命が短くなり、いろいろな病気になるそうです。

愛情をいっぱいに注いでいるペットが健康で少しでも長生きをするためには肥満になることを避けなければなりません。

ペットは体が小さい分ダイエットも大変なのだそうです。

ペットが1㎏減量するのと人が10㎏減量するのと同じぐらい大変なのだといわれています。

最近はペットを室内で飼っている人が多く運動不足になることが多いと言われています。

ペットには欲しがるだけ食事を与えないように決められた分量を守ることが重要です。

肥満になってしまった場合には、病気になっている場合もあるそうですので、勝手な判断をしないように獣医師に相談するのが良いそうです。

ダイエットは人間に限ったことではありません。

私の知り合いが飼っている猫が肥満になってしまいました。

子猫の時から大切に育てていましたが、子猫の時には活発で良く動いていましたが、歳を重ねるごとに肥満になっていき、動きも鈍くなってきました。

足が短く感じられ、見るからに肥満である事が分かります。

ペットが肥満になることは、自分が肥満であるのと同様に、ダイエットをするのは大変難しいそうで、ダイエットに良いとされるキャットフードを与えても美味しくないのか食べないそうで、かわいそうに思い、結局は喜んで食べるものを与えてしまうそうです。

肥満になるほど食べ物を与えたようには思わないそうですが、家の中で買っているので運動不足になったと思うと言っていました。

猫も人と同じで、運動不足になって太り始めると食事の量に関係なく太ってしまうものだと思います。

食事制限よりも質の問題で、カロリーが少なく、繊維質の多い満腹感の得られるものが良いようです。

また、ペットは一緒に遊んであげる事が大切なのだそうです。